現役産婦人科医の妊娠初期の情報ブログ

妊娠に気づいたときから、もうおなかの中での子育ては始まっています。 とても大事なことなのに、わからないことだらけで、幸せだけれどとても不安……かもしれませんね。 今、どう過ごしたらいい?そのヒントをお届けします。

葉酸

【医師監修】葉酸が大切な理由

妊活中の人なら、「葉酸」という栄養素は一度は耳にしたことがあるかもしれません。

妊活中に葉酸を摂取すべき理由、それはお腹の赤ちゃんのためなのです。

妊活中の女性が摂っておきたい葉酸の量は、妊娠4週前から妊娠12週まで、1日400マイクログラムの葉酸サプリメント。

妊娠がわかってから葉酸を摂取するのではなく、妊活中から摂取するようにしましょう。

葉酸サプリメントをじょうずに利用する


妊娠しやすい体づくりとして、さまざまな栄養をしっかりと摂取する必要がありますが、妊娠したときの赤ちゃんのためにも、妊活中から栄養を摂っておきたいもの。

なかでも妊活中にぜひ摂っておきたい代表的な栄養素は、葉酸です。

ビタミンB群の一つである葉酸は、モロヘイヤやホウレン草、ブロッコリー、果物やレバーなどに含まれる栄養素で、細胞が増えたり臓器がつくられるときに欠かせないもの。

母親のお腹の中で胎児の神経管がほば完成するといわれているのは妊娠6週頃で、この時期に葉酸が不足すると、赤ちゃんの脊髄神経を収納する神経管がうまくつくられなくなることがあるとされています。

赤ちゃんの神経管がうまくつくられなくなると、二分脊椎という先天性の病気をもった赤ちゃんが生まれるリスクが高まります。

二分脊椎の赤ちゃんは生後2~3日以内に、脳神経外科医による手術が必要になったり、赤ちゃんは水頭症を合併する率が高まるなど非常に深刻な病気。

妊娠前から葉酸をしっかりと摂取することで、二分脊椎の赤ちゃんが生まれるリスクを減らすことができるのです。

厚生労働省では妊婦は食事から480マイクログラムの葉酸を摂ることを推奨していますが、実際にこの量を食事だけから摂取するのは非常に難しいことです。

そのため葉酸サプリメントの内服が非常にたいせつになります。

【医師監修】つわり中に食べれたものランキング

morning

つわり中は、食べられるものを食べて栄養をとることが大切。
みんなはどんなものなら食べられた?

1位 ゼリー飲料

ひんやりのどこして、栄養もとれる!
タイプに合わせて選んてのどごしがよく、においを感じずに飲めて、必要な栄養素もとれる、つわり期の心強い味方。吐きやすい人はカロリーの高いものを、食べづわりの人はローカロリーのタイプを選びましよう。

2位 炭酸水


口の中かさっはり!好きなフレーバーを選んでも
飲み物ではダントツ高支持率の炭酸水。「口の中がサッパリするので助かった!」という声が多数。できれば無糖のものを。やや高価だけど炭酸ガス入りミネラルウォーターも○。


3位 レモン系

すっぱい味かいい!レモンのさわやかな酸味でスッキリ
「つわりにはすっぱいもの」という定説は本当だった!炭酸水にレモン果汁を入れるほか、レモン味のゼリー、あめ、グミなども人気です。


4位 トマト


生のままでも、トマトソースでもリコピン豊富で体にもいい!
ほどよい酸味とみずみずしさでつわり期の人気ナンバーワン
野菜。低カロリーなうえ、抗酸化作用の高いリコピンも豊富でで。たっぷり食べても安心です。


5位 スポーツドリンク

電解質を補給できるので 脱水症予防にも威力発輝!  
甘ずっぱいさわやかな味のドリンクは.つわり中の味方.吐くと失われてしまう水分と電解質を補給できるので、吐きづわりの人には特におすすめです.


6位 氷系のアイス

乳脂肪分が少ないアイスはロ一カロリーで
アイスキャンデーやかちわり氷が高評価。乳脂肪分が多い
アイスクリームは口の中がもたつくこともあり、サッパリした水系のアイスが人気のようです。


7位 いちご、グレープフルーツ

すっはくて葉酸豊富な大人気フルーツ
フルーツなら食べられるという人も多数。中でも、いちごとグレープフルーツが人気。どちらも葉酸を豊富に含むので、体が自然に欲しているのかもしれませんね。


8位 豆腐

吐きけを刺激しない淡泊な味と食へやすさが味方に
冷ややっこなら食べられるという人が多く、理由は「味が淡泊だから」。植物性タンパク質としての栄養価も高く、調理も簡単、食べやすいことでも高支持です。


9位 フライドポテト

なぜか無性にシャンクな味が食べたくなることも!
サッパリしたものとは真逆に、ジャンクフード系が好きになるケースもあり。中でもフライトポテトが大人気。「無性に食べたかった」「これなら食べられた!」という人も


10位 梅干し

すっはいもの!といえはコレ。おかゆと梅干しはつわりの味方!
つわりといえば!と連想される梅干し。梅干し昆布や、梅干し味のあめ。ふりかけの「ゆかり」などもサッパリ効果で人気です。

【医師監修】妊娠初期の食べ物

food

赤ちゃんの体をつくるために必要な栄養バランスのよい食事なのです。
タンパク質や鉄分、葉酸など特に必要になる栄養素を、妊娠前の食べ物にプラスしていき、また不足しがちなカルシウムもしっかりとりましよう。妊娠前の食事が偏っていた人は、食生活を見直すチャンスです。 「妊娠中にとりたい食べ物(栄養 1日分の目安)」を参考にして、毎日の食事を組み立ててみてください。

葉酸 480μg

妊娠中は妊娠前に比べて推奨量が2倍になります。赤ちゃんの各器官がつくられる妊娠のごく初期に最も必要なので、実は妊娠前から食べておくことが大切な栄養素です。
緑黄色野菜や果物、豆類などに多く、熱や水に弱いという性質をもっています。

>>葉酸が含まれている食べ物はこちら

鉄分 21~21,5mg
妊娠前に比べて、かなり多く必要です。鉄分は赤血球の中のヘモグロビンの成分となり、酸素を運ぶのに役立ちます。不足すると貧血になるので、妊娠中は意識してとり入れましょう。赤身肉や大豆製品、あさり、青菜類に含まれます。

カルシウム650mg
日本人の若い女性は必要な量のカルシウムをとれていない人が多く、意識してとらないと不足してしまいがちです。乳製品、小魚類、大豆製品、海藻類、青菜類からとれます。

塩分7g未満

とりすぎると「むくみ」や「高血圧」の原因にもなります。
食事は薄味を心がけましょう。加工食品やうどん、パン類などに含まれている塩分にも注意して。

エネルギー1800~2200kcal

活動量が低い場合、妊娠前の食事(1750kcal)に初期は50kcal、中期は250kcal、末期は450kcalプラスするのが目安です。とりすぎも少なすぎも、おなかの赤ちゃんが将来、生活習慣病にかかる可能性が上がるといわれているので、適量食べることが大切。

>>【医師監修】妊娠初期の食べ物一覧はこちら

【医師監修】妊娠初期に気を付けること

pregnancy4

【医師監修】妊娠初期に気をつけること

葉酸

妊娠初朋だけでなくずっと必要な栄養素

葉酸は妊娠前~妊娠初期にとることが推奨ぎれでいますが妊娠中期以降もおなかの赤ちゃんの発育のために必要です。

葉酸は、胎児の脊髄が必要となる栄養素、さらに妊娠中は、妊娠前と比べて2倍の量をとるように推奨されています。緑黄色野菜や海草類、果物。豆類などに多く含まれていて、熱に弱いのが特徴。

サラダやスムージーなど。調理法にも工夫してください。

 
サプリメント

葉酸や鉄分を補うのには○

必要な栄費素をサプリメントで補うのはいい方法ですがサプリメントの選び方に注意してください。

安いものや高価なものは避けるほうが無難てす。


カフェイン

控えたいものだけど大量でなければ大丈夫

カフェインは興奮作用がありカルシウムを体外に排出させる働きがあるのでとりすぎには注意

コーヒーや紅茶を気分転換に1日1~2杯もいなら問題ありません。


X線検査

妊娠がわかってからは必要最低限に

X締検査は、1回受けたくらいの線量では問題ありません。ただし、よほどの緊急事態で必要があるとき以外は、基本的には避けましよう。


スポーツ

おなかの痛みなどがなければ今までどおりでも大丈夫

おなかの痛みや出血といったトラブルがなければ、好きなスポーツをやめる必要はありません。

ただ、転倒やおなかを強く打つ危験のある運動には注意。




必ず医師に相談して使いましょう

薬の中に妊娠中は使用を控えたほうがいいものもあるので医師に相談を。


タバコ・お酒

妊娠に気づいたらとにかくストップ


二コチンもアルコールも血流にのって赤ちゃんに届いてしまいす。

小さな命にはどれもとてもこわいものなので、妊娠がわかったらすぐにストップして。