助産師が教える妊娠初期症状と気をつけること

妊娠に気づいたときから、もうおなかの中での子育ては始まっています。 とても大事なことなのに、わからないことだらけで、幸せだけれどとても不安……かもしれませんね。今、どう過ごしたらいい?そのヒントをお届けします。

妊娠初期

妊娠4ヶ月(12週~15週)赤ちゃんとママの様子、やっておくことリスト

baby34

妊娠4ヶ月(12週~15週)にやっておくことリスト

□産院に分娩予約をする

□体重管理スタート!

妊娠中の適正な体重増加量は、妊娠前の体重によって異なるので、BMI(ボディーマスーインデックス)という、肥満度をあらわす指数を使って調べましょう。

□マタニティ下着に切り替える

□妊娠線のケアを始める


妊娠4ヶ月のママの体の変化

胎盤がほぼ完成しおなかも少しだけふっくら

妊娠4ヶ月はつらかったつわりがおさまってきて食欲が回復する時期。胎盤が完成し、赤ちゃんはその胎盤からへその緒を通して、ママから酸素や栄養をもらうように。高温期が続いていた基礎体温は下がり始め、元気に過ごせるようになります。

こんな変化か起こるかも


妊娠4ヶ月は、ホルモンの影響で皮下脂肪に栄養を蓄えやすい時期。つわりの反動で食べ過ぎないよう、栄養バランスのよい食生活を意識して妊娠中の体重管理に努めましょう。


妊娠4ヶ月の赤ちゃんの様子

・胎盤やへその緒が完成

・内臓や手足などの器官もほとんど完成します

・顔にはうっすら産毛が生えます

・骨や筋肉が発達して、羊水のなかで回転することも

・味を感じる味蕾ができ始めます

・反射機能が備わります。


赤ちゃんの大きさ 体重・身長


身長:約7~8cm

体重:約100g

産婦人科専門医が監修|妊娠4ヶ月の症状と赤ちゃん

妊娠12週

妊娠12週はおなかを冷やさないよう、そろそろマタニティ下着に切り替えて。つわりも落ち着き、妊婦ファッションやお買い物も楽しめるときです。


妊娠13週

妊娠13週、通勤などで混雑した電車に乗るときなどは、マタニティマークを見えやすい位置につけて活用して。鉄道会社の窓口などでももらえます。


妊娠14週


妊娠14週のホルモンバランスが急激に変わるため、気持ちが不安定になりがち。今はこういう時期だと知っておくだけでも、感じ方が違ってくるかも。


妊娠15週

妊娠15週、妊娠線のケアはおなかが大きくなる前からスタート! オイルやクリームなどから、好みのつけ心地のものを選んで、肌の潤いを守りましょう。

妊娠初期の食べ物

food

赤ちゃんの体をつくるために必要な栄養バランスのよい食事なのです。
タンパク質や鉄分、葉酸など特に必要になる栄養素を、妊娠前の食べ物にプラスしていき、また不足しがちなカルシウムもしっかりとりましよう。妊娠前の食事が偏っていた人は、食生活を見直すチャンスです。 「妊娠中にとりたい食べ物(栄養 1日分の目安)」を参考にして、毎日の食事を組み立ててみてください。

葉酸 480μg

妊娠中は妊娠前に比べて推奨量が2倍になります。赤ちゃんの各器官がつくられる妊娠のごく初期に最も必要なので、実は妊娠前から食べておくことが大切な栄養素です。
緑黄色野菜や果物、豆類などに多く、熱や水に弱いという性質をもっています。

>>葉酸が含まれている食べ物はこちら

鉄分 21~21,5mg
妊娠前に比べて、かなり多く必要です。鉄分は赤血球の中のヘモグロビンの成分となり、酸素を運ぶのに役立ちます。不足すると貧血になるので、妊娠中は意識してとり入れましょう。赤身肉や大豆製品、あさり、青菜類に含まれます。

カルシウム650mg
日本人の若い女性は必要な量のカルシウムをとれていない人が多く、意識してとらないと不足してしまいがちです。乳製品、小魚類、大豆製品、海藻類、青菜類からとれます。

塩分7g未満

とりすぎると「むくみ」や「高血圧」の原因にもなります。
食事は薄味を心がけましょう。加工食品やうどん、パン類などに含まれている塩分にも注意して。

エネルギー1800~2200kcal

活動量が低い場合、妊娠前の食事(1750kcal)に初期は50kcal、中期は250kcal、末期は450kcalプラスするのが目安です。とりすぎも少なすぎも、おなかの赤ちゃんが将来、生活習慣病にかかる可能性が上がるといわれているので、適量食べることが大切。

産婦人科専門医が監修|妊娠初期の食べ物

【医師監修】妊娠3ヶ月(8週~11週)赤ちゃんとママの様子、やっておくことリスト

pregnancy6

妊娠3ヶ月(8週~11週)にやっておくことリスト

□分娩する産院を選ぶ

通いやすさや費用なども含めて選びましょう

□里帰り出産の場合、産院をリサーチする

ホームページで施般や診療方針を確認したり、口コミも参考にして自分に合った産院を選んで

□低カフェインの飲み物にシフト

カフェインのとり過ぎは控えて。コーヒーやお茶などは1日1~2杯を目安に

□バースプランを作成する

お産の計画や要望を自分なりに立ててみて


妊娠3ヶ月のママの体の変化

心地いい生活を送って、つわりを乗り切って

妊娠3ヶ月はホルモンバランスが大きく変化するため、免疫力が低下し、だるさや疲れを感じやすくなります。

感染症にかかりやすくなるので、マスクや手洗いで予防策を。

ストレスがあるとつわりもひどくなるので、自分にとって心地いい環塊で過ごして。

食事のバランスはあまり気にせず、貪ぺられるものを何回かに分けて少量ずつとるとよいでしょう。

こんな変化か起こるかも


●子宮が膀胱や攤腫を圧迫することやホルモン状態が変わることで、頻尿や便秘になったり、おりものがふえたりします

●吐きけやむかつきといった本格的なつわりを迎えます


妊娠3ヶ月の赤ちゃんの様子

頭、胴、足ができ、ほぼ3頭身になります。

内臓器官が動き始め、超音波で心拍動も確認できます。

羊水を飲んで排泄し、血液循環もスタートします。

赤ちゃんの大きさ 体重・身長

身長:約7~8cm

体重:約20g

・頭、腕、足が分かれて、3頭身に

・手足を動かすしぐさも

・鼻やあご、唇などの顔のパーツや手足のつめが形成されます

・排泄機能がスタート

・目や鼻、口、耳、皮膚などの諸感覚が生まれ、五感の構造もととのいます



妊娠8週

妊娠8週の赤ちゃんは2頭身に成長。妊娠8週~妊娠11週には赤ちゃんの頭からおしりまでの長さ(CRL)を測定し、正確な妊娠週数、出産予定日を算出します。


妊娠9週

妊娠9週、つわりで食べたり飲んだりがつらい場合は、水分不足から便秘になることが。気持ちが悪くて食事量が減っても、水分だけは意識してとって。


妊娠10週


妊娠10週、疲れやストレスはつわり悪化のもと。仕事を続けている妊婦さんは、いつもよりペースダウンするように心がけて。休日はしっかり休みましょう。


妊娠11週

妊娠11週、運動はできるだけ避けますが、散歩やストレッチならOK。だるいときは家の周りを歩いたり、ストレッチで体をほぐすのもおすすめ。

【医師監修】妊娠2ヶ月(4週~7週)赤ちゃんとママの様子、やっておくことリスト

pregnancy5

妊娠2ヶ月(4週~7週)にやっておくことリスト

□産婦人科を受診する

生理が2週間以上遅れたら、早めに受診を

□母子健康手帳をもらいに行く

現在住んでいる市区町村(住民登録のあるところ)でもらえます

□生活習慣を見直す

安産に向けて規則正しい生活にシフト

□葉酸をチェックする

妊娠初期に必要な栄養素。つわりの時期は葉酸サプリメントなどでじょうずに補って


妊娠2ヶ月のママの体の変化

気持ち悪さや眠けなど、つわりの症状も

生理が遅れ。妊娠検査薬で妊娠に気づく人が多いと思います。

なかには気持ち悪さや眠けなど、すでにつわりの症状があらわれることもあります。

2週間1以上生理が迎れたら早めに受診し、妊娠しているかどうか検査をしてください。

できれば、分娩希望の産院に初診から通うのが理想ですが、通いやすさや費用を含めて、納得できる産院を選びましょう。

こんな変化か起こるかも


●つわりの症状があらわれはじめます

●熱があるように感じます

●眠い、だるい、乳房が張るなどの症状があります

●頻尿や便秘になります


妊娠2ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠2ヶ月の赤ちゃんはまだ目に見えない大きさですが。小さな心臓は勤き始め、顔や神経、脊髄など体の原型ができ始める大切な時期。妊娠7週ぐらいから、顔、胴体、手足の区別がつくようになります。

赤ちゃんの大きさ 体重・身長

身長:約1~2.5cm

体重:約1~4g

・実際には目に見えない大きさで「胎児」ではなく「胎芽(たいが)」と呼ばれます

・心臓は形をととのえ、鼓動をスタート

・脳や神経細胞の80%がつくられます

・7週ぐらいから、顔、胴体、手足の区別がつくようになります

【医師監修】妊娠2ヶ月の症状と赤ちゃん

妊娠4週

妊娠4週、生理周期がハッキリしている人は、妊娠判定薬などで妊娠がわかるころ。胸のムカムカや吐き気など、つわりの症状が出始める人も。



妊娠5週

妊娠5週は赤ちゃんの体の基礎となる部分が猛スピードでつくられています。妊娠がわかったら、お酒やタバコはすぐにストップしましょう。



妊娠6週


妊娠6週、眠い、だるいという体調不良も一種のつわ。横たわると子宮に優先的に血液が届くので、赤ちゃんからの「休んで」のサインと思って。



妊娠7週

妊娠7週、妊娠を継続させるためのホルモンが大量に出るため、生理前のように乳房が張り、乳首が敏感になってチクチクするような感じが出てきます。

【医師監修】妊娠初期に気を付けること

pregnancy4

【医師監修】妊娠初期に気をつけること

葉酸

妊娠初朋だけでなくずっと必要な栄養素

葉酸は妊娠前~妊娠初期にとることが推奨ぎれでいますが妊娠中期以降もおなかの赤ちゃんの発育のために必要です。

葉酸は、胎児の脊髄が必要となる栄養素、さらに妊娠中は、妊娠前と比べて2倍の量をとるように推奨されています。緑黄色野菜や海草類、果物。豆類などに多く含まれていて、熱に弱いのが特徴。

サラダやスムージーなど。調理法にも工夫してください。

 
サプリメント

葉酸や鉄分を補うのには○

必要な栄費素をサプリメントで補うのはいい方法ですがサプリメントの選び方に注意してください。

安いものや高価なものは避けるほうが無難てす。


カフェイン

控えたいものだけど大量でなければ大丈夫

カフェインは興奮作用がありカルシウムを体外に排出させる働きがあるのでとりすぎには注意

コーヒーや紅茶を気分転換に1日1~2杯もいなら問題ありません。


X線検査

妊娠がわかってからは必要最低限に

X締検査は、1回受けたくらいの線量では問題ありません。ただし、よほどの緊急事態で必要があるとき以外は、基本的には避けましよう。


スポーツ

おなかの痛みなどがなければ今までどおりでも大丈夫

おなかの痛みや出血といったトラブルがなければ、好きなスポーツをやめる必要はありません。

ただ、転倒やおなかを強く打つ危験のある運動には注意。




必ず医師に相談して使いましょう

薬の中に妊娠中は使用を控えたほうがいいものもあるので医師に相談を。


タバコ・お酒

妊娠に気づいたらとにかくストップ


二コチンもアルコールも血流にのって赤ちゃんに届いてしまいす。

小さな命にはどれもとてもこわいものなので、妊娠がわかったらすぐにストップして。
プロフィール

たけだともこ先生(助産師)

埼玉の病院で助産師の仕事をしています。たけだともこと申します。妊娠初期の症状やきをつけることをこのブログで紹介したいと思います。

ギャラリー
  • おなかの赤ちゃんのために葉酸を摂取
  • つわり中に食べれたものランキング
  • つわりの症状と対処法
  • 妊娠4ヶ月(12週~15週)赤ちゃんとママの様子、やっておくことリスト
  • 妊娠初期の食べ物
  • 【医師監修】妊娠3ヶ月(8週~11週)赤ちゃんとママの様子、やっておくことリスト
  • 【医師監修】妊娠2ヶ月(4週~7週)赤ちゃんとママの様子、やっておくことリスト
  • 【医師監修】妊娠初期に気を付けること
  • 【医師監修】妊娠超初期の症状(妊娠2週~妊娠5週)
埼玉の病院で助産師の仕事をしています。たけだともこと申します。妊娠初期の症状やきをつけることを紹介したいと思います